人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

薩摩切子

茶箱やカルトナージュの制作がストップしている。
主婦業、ママ業が忙しいのもあるが。
タッカーの針やボンドやクラフトテープ、いろんな必要なものがが切れてしまい、
ホームセンターのネットショッピングで購入したが、待てど暮らせどこない・・・。015.gif


なので 器特集といきますかね。

私の愛する薩摩切子。
10年ほど前から鹿児島に行くたびに買い足し、たまにデパートでも買い足し、少しずつ集めています。

b0242032_12551947.jpg


薩摩切子は島津斉彬(しまづなりあきら)によって作られました。しかし 幕末の混乱でその事業は途絶えてしまいましたが、その約100年後、現存するものを元に復刻事業が行われ、今また素晴らしいこの薩摩切子を手に入れることができます。当時の薩摩切子はもう美術館ものですから・・・。





b0242032_1433933.jpg



この手にずっしり乗る感じがたまらなく好き。これで冷酒など飲むとなんともいえぬガラスの清涼感を感じ、幸せな気持ちになりますなあ。
(ただののんべ。012.gif



b0242032_1462143.jpg


かの篤姫も嫁入り道具に持っていき、当時の将軍家や大名がこぞって欲しがったといいます。





これは 骨董屋をやっている自治会長さんから頂いたものです。
ヨーロッパのアンティークガラスだそうです。
b0242032_1443263.jpg



薩摩切子も お手本にしたのはヨーロッパのガラスだそうですが、やっぱり日本人の底力と美意識の素晴らしさを感じます。

こんなん好きで制作に携わっている人は幸せだろうなあ・・・。

写真がへたくそで 写真の獲り方教室でも行きたくなってきましたわ・・・。
by akibedk9 | 2012-03-14 13:28 | | Comments(0)

金継ぎ

焼き物や器が大好きです。

鎌倉宮の骨董市で出会った方が金継ぎをやっていると聞いて去年お願いしておいたものが
ようやく出来上がってまいりました。

金継ぎとは割れたり欠けたりした器を金と漆を使って修復する方法です。
原形を復元するというより、壊れたのもその器の歴史とばかりに その軌跡もしっかり残ります。
そこでまた器のお顔が変わっておもしろいです。


三越の展示会で買った 江戸後期の骨董のぐいのみ
洗っているときに パキッと飲み口を欠けさせてしまいました。007.gif

欠けたところにいぶされたような金色の金継ぎ跡、かえって豪華になりました!!
すばらしい!


b0242032_12125537.jpg


ペアだったので ようやく二つ並べられて嬉しそう♡

b0242032_12131147.jpg



こちらは 備前焼の作家もの。
猫が上から物をおとして、取っ手の部分が根元から取れて、しかも取れた取っ手が3分割・・・。

b0242032_12133859.jpg


すご~い!! 完全に 復活! 素晴らしい・・・。


根元の金継ぎした部分わかりますか~?

b0242032_12135746.jpg


金色の線が一筋、最初かから入ってたみたい~

b0242032_12141466.jpg


お庭に咲いた梅の花を投げ込み風に活けてみました。
下に敷いたモリスの生地と 和様折衷です。
b0242032_12585181.jpg

梅も四分咲きというところでしょうか。
鎌倉の空は トンビがゆうゆうと飛んでいます。

b0242032_12144944.jpg


皆様、良い一週間を!
by akibedk9 | 2012-03-12 12:32 | | Comments(0)

歌川国芳展

先日 六本木ヒルズの歌川国芳展に行ってまいりました。
最終日一日前ということもあり、すごい行列でした!
浮世絵は外国人に人気があるので外国人がぱらぱらいるくらいかなあと思っていたら、
若い人が多いのにはびっくりでした。

そこで 展覧会の出口の売店で出会ってしまった この一枚。
お雛祭りの前ということもあり、久々に「欲しい」と思った一枚でした。

b0242032_1151429.jpg

木版画のお内裏さまとお雛様の構図も珍しいですし、
b0242032_11511935.jpg


何より、この美しいお衣装のお生地と バックの藍の紋様との完璧なまでのコントラスト
ほんとに美しいなあ・・・。


娘が嫁に行くときに持たせようと思い、買ってしまいました!♡

あっ、これ復刻版ですからね。一応念のため、
しかしながら 今では数少なくなった版元さんが、原画を忠実に再現し、絵師、彫師、摺り師の方々が素晴らしい木版画を作り出しています。

原画は大きな屏風だそうです。
見てみたいなあ・・・。


b0242032_11515362.jpg

主人は前から江戸の金魚の絵柄が大好きでこちらを選びました。
今回、新しく発見された版木のものもあります。
江戸の楽しい町民文化がひしひしと伝わってきますね。
by akibedk9 | 2012-03-05 12:24 | イベント | Comments(0)

b0242032_983360.jpg
カルトナージュをやっている方にはおなじみのトワルドジュイ柄。
かのマリーアントワネットも愛したという フランスのお生地です。

この生地はその中でも愛らしい絵柄の「ブランコに乗った少女」というタイトルがついています。
春らしいですよね。

前日にダマスク柄の箱と一緒にちらとアップしましたが、ゆうべ猫の手をかりながら(うそうそ、ひざに乗ってただけ) ちまちまと完成させました。

b0242032_921475.jpg


内張りは明るいサーモンピンクのスキバルを貼りました。
やっぱりスキバルは使いやすいわ~。



約2年間のブランクを一生懸命取り戻し中。 あれだけ失敗しながら作ったはずなのに、
人間って同じ過ちをまた繰り返すのだなあと思いながらしみじみしたりして・・・。
あつ、それはわたしだけですか(~_~;)

この箱は細かいところをいうと色々あらがありますので 娘の手袋入れに決定してしまいました~。


ダマスク柄とふたつ並べたところ
手前は蓋にキルト綿を重ねて入れてます。手前は1枚だけ。
1枚だけの方がいいかな。


b0242032_92245100.jpg

by akibedk9 | 2012-03-01 09:23 | カルトナージュ | Comments(0)