<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生徒様 作品

レッスンでの生徒様の作品、フレンチスタイルの箱。
ふたをふっくらさせて蝶番で開く箱です。

b0242032_22303874.jpg

せっかくですので、お子様の髪留めやコームなどが入る箱として大きさを合わせました。
中はモリスの壁紙です。


お子様が学校から帰る時間になったためタイムアウトでご自宅で仕上げて下さいました。

b0242032_22314861.jpg


ぶら下がるタッセルやブレードがアクセントになって素敵ですね~。001.gif
ちなみに脚も付いています。

彼女は今頃帰省中の実家でキットでキャンディボックス作ってるかな。
頑張れ~037.gif




 本日、ずーーーーーーーっと棚上げになっていた車庫の漆喰塗りをスタート!
防水塗料などは業者さんに頼んで本日は娘とふたりで下塗り剤を塗りました!
b0242032_22395885.jpg

下塗り剤でコンクリートの小さい穴とかをふさいでいきます。

b0242032_2241762.jpg

塗り進むうちにあの漆喰塗りの楽しさを思い出してしまい 気が付けばとっぷり日が暮れておりました。

明日は本塗りやりたいが、お天気が心配。。。
本塗りの時は娘が集めた色とりどりの貝殻が密かに活躍するでしょう。029.gif


参加してます。
励みになります。
よろしかったらポチしてくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
by akibedk9 | 2014-08-15 22:51 | カルトナージュ | Comments(0)

 以前ナンタケッタバスケットを入れるディスプレイボックスをご依頼いただいたお方が、この箱の試作品の箱を出産祝いのお箱としてオーダーしてくださいました。

b0242032_923468.jpg


女の子と聞いて、ディスプレイ面に上品なピンクホワイトのブレードをあしらい、蓋うらにはプラムピンクのウールペーパーを貼りました。

b0242032_9261377.jpg


懐かしいなあ、赤ちゃんはお腹の中に入るときと同じ色のピンクや赤っぽい色を見ると落ち着くのだと聞いて、私も主人にピンクのトートバッグを買ってもらって使っていたなあ。012.gif

b0242032_933956.jpg

それにしても美しいお生地です。



中はベージュのウーペです。
フランスの起毛紙などいくつか取り寄せてみましたが、前回貼ったウーペの肌触りをとてもお気に召していらしたのでやはりこのウーペを取り寄せて使いました。
滑らかな柔らかい肌触りで中に入っているものを大切に慈しむような素材です。
b0242032_937082.jpg

このウーペ、静電気を使って布を集めて紙に貼り付けるのだそうです。
いろんな現場にいろんな手法でモノを作る人々ありですな。おもしろい。


新しい命の健やかな成長と幸せをお祈りして・・・。043.gif


参加してます。
励みになります。
ポチして下さいね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
by akibedk9 | 2014-08-11 09:44 | オーダー | Comments(0)

軽井沢荘の納品をはさんで、3回にわたりお茶箱のレッスン行いました。
まあ、鎌倉の奥座敷の中華などを食べに行ったりとのんびりペースでしたが・・。011.gif
手前から40kg、10kg、20kgです。


b0242032_2285244.jpg



えー、40kgの特大のものは跳び箱に使います。
うそです。037.gif

この子の元のお姿です。
b0242032_22114119.jpg

おばあ様ところの蔵の中にこんなのがごろごろしているそうです! いいなー。
かなり年期が入っていましたが、上下は板で補強し、テープのはがれなども補修していきます。

中も触るとすすみたいなもんが手に付いてくるので内貼りもやりました。
b0242032_10334069.jpg


蓋は私の手持ちで人気のインテリアファブリック、本体は生徒様ご持参のローラアシュレイのお生地、中と蓋裏はウィリアムモリスの壁紙を使用しました。
b0242032_9303852.jpg

かなり大きいのでインテリアを邪魔しない優しい色使いで統一しました。
おばあ様のお茶箱を慈しむように本当にひとつずつ丁寧に丁寧にお作りになりましたよ~。
マダムお疲れ様でした~。


続いて20kgの作品です。
この方はもう3個目のお茶箱です。
一個はお母様にもって行かれたそうです。003.gif
b0242032_10305478.jpg


本体のお生地を先に張り、2回目のレッスンの前にお告げがあったそうで。
蓋は革にしたいというので、本体のインテリアファブリックに合いそうなキャメル調のものを急きょ取り寄せました。
b0242032_10423235.jpg


取っ手の金具に付けたタッセルが甘くなりすぎず革の蓋を引き立てています。
この革が時間とともに風合いを増していくのが楽しみ~。053.gif
でもこのゴージャスな革の箱はお米の保存箱になるそうです!!
茶箱の本領発揮。素晴らしいぞ! 049.gif

b0242032_10463246.jpg



続いてお茶箱初体験のT様はまずは10kgから挑戦されました。
b0242032_10504450.jpg


キャンディボックス、フレンチスタイルの箱など同じお生地で作られたのでお部屋に統一感が出ますね。
蓋もふっくらさんですりすりしたくなります。038.gif
b0242032_1047475.jpg

フランスから取り寄せたピンクベースのツイストのロープをさらにねじってツイストにし、ウレス社のゴージャスなタッセルがキラキラベージュの本体の上で際立っていますね。

b0242032_1055440.jpg

中は一転可愛らしいビビットな配色です。かわいいですね。

皆様、3回にわたるレッスン本当にお疲れ様でした!
皆様モノ作りが好きな方ばかりなのでお上手でした。
体力に自信のある方はまた挑戦してくださいね。006.gif


参加してます。
よろしかったらポチしてね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
by akibedk9 | 2014-08-09 10:53 | 茶箱 | Comments(0)

 ここはとある会社の軽井沢別荘。
広大な敷地の中に建つ素敵なログハウス。

そちらのエントランスに置くスリッパラックを頼まれました。

b0242032_14235551.jpg


一つ目は既にブログでご紹介済みです。
ひとつのスリッパラックで10足づつ入ります。

ウイリアムモリスのお生地を両方使いましたが、中の壁紙は違うものにしてあります。
b0242032_1425579.jpg

こちらには取っ手のところは黒い革を挟んでいます。




ちょっとこんなところに隠し技をば。コロコロのタッセルがちらり。ふふふ037.gif 
b0242032_14274334.jpg



こちらは玄関の棚です。
スプレーなどが立てて入れられる引き出し箱に書類などを入れるオープンの箱
b0242032_14311414.jpg


シューズメンテナンスキット入れとして作った箱ですが、こちらでは何が入れられるのでしょうか。
虫よけスプレー、懐中電灯。引き出しに筆記用具・・でしょうか。

すべてモリスのお生地で統一しました。

こんな素敵な別荘に私の作品がお役に立てると思うとるるるんるん♪です。012.gif
b0242032_14363920.jpg



参加してます。
励みになります。
よろしかったらポチしてね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
by akibedk9 | 2014-08-07 14:41 | オーダー | Comments(0)

我が家の車に載せて軽井沢まで約300キロ。
ここはとある会社の別荘のエントランスです。

b0242032_13525997.jpg


玄関の「上がりかまち」に据えられたお茶箱40KGの平箱です。
平箱とは通常のお茶箱の半分の高さのものです。
b0242032_1357422.jpg

最近はバリアフリーの玄関も増えてきましたが、この「上がりかまち」日本では 外と内、不浄と清浄とを分ける結界のようなものと言われています。

この上がりかまちに腰かけて靴を履くことも多いと思いますが、お年寄りや足腰の弱っている方々にはこの立ち座りが困難なことも。
そこで玄関に置けるスツールを提案させて頂きました。

b0242032_1435811.jpg

こうやって座ってお靴を履きます。
女性の場合は少し高いので足下にステップを置くそうです。
(モデルになって頂いてありがとうございます。045.gif


お茶箱の下にはカーペットやマットの滑り止めを敷きます。

そして中には・・・
b0242032_146023.jpg

たくさんの予備のスリッパが。
ここを管理する担当者を私はスリッパコレクターと呼んでいます。026.gif


2000坪の広大な敷地の中に立つログハウス、
夏の間、ずっとここにいたいよ~。007.gif
b0242032_1415330.jpg

第2弾に続く・・・


参加してます。
励みになります。ポチして下さいね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
by akibedk9 | 2014-08-07 14:16 | オーダー | Comments(0)