<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

茶箱レッスン作品色々

 なかなかブログをアップ出来ないでいます。042.gif
昨年12月のお茶箱レッスン作品たちです。
ひとつひとつ、遠方からも鎌倉までお通い頂き、皆様時間をかけて丁寧におつくりになられて、とても完成度の高いものが出来上がりました。


まずは、昨年の暮れとても人気のあった仏アンティークのテーブルリネンを蓋に使ったお茶箱です。
このマスタード色はパリでこれらのテーブルリネンの「染め」をなされた私のカルトナージュの師匠の金子先生が渾身の出来だとおっさられた一枚です。
アンティークにも色々年代がありますが、これらはナポレオンの時代のものだそうです。
b0242032_1844160.jpg


写真ではよくご紹介できないのが残念ですが、イニシャル刺繍と素晴らしい透かし模様が入っております。
b0242032_18481935.jpg

とてもきれいな座椅子部分です。
我アトリエではこの座椅子部分に十分にこだわります。
ただ、生地でくるんでいるだけではなく、「張る」のです。
なんたってわたくし、椅子張り職人に憧れておりますので~。017.gif
b0242032_1849542.jpg


ストライプの生地とリネンの外レール、可愛いタッセル、
オリジナルティーとセンスあふれるお茶箱ができました。♡



次は海苔箱と云われる小さめのお茶箱です。
ローラアシュレイとリネンの生地を合わせられました。
b0242032_18554924.jpg


今年は茶箱の脚にこだわりたいと思っておりますが、今回は茶箱に初めてブロンズの猫脚を付けてみました~。
b0242032_18571079.jpg

上に載ったりしない小型のお茶箱はこんな脚も付けられます。

b0242032_18582585.jpg

このお方、紫大好き「紫の君」でして、蓋の縁に付けたウレスのロープ、タッセル、外レール、すべて違うトーンの紫でまとめられました。素敵です。



こちらは私と娘がかわいい~とあがめている「王様の椅子」です。011.gif
b0242032_1953473.jpg

このストライプの生地はずっとお家で出番が来るまで眠っていた生地だそうです。
アトリエにある生地と上手に合わせておつくりになりました。
こちらの方2個目のお茶箱ですが、以前作ったものは割と渋めだったので玄関には少し明るめがいいという事でした。光沢のあるゴールドが入っているので豪華で明るくみえますね。
上におひげをカールした王様を座らせたいスツールです。(笑)

こちらは見目麗しい後姿。
b0242032_19114943.jpg

やっぱ女性と茶箱は後姿も美しくなくちゃねー。
それにしても素晴らしい完成度です。
カルトナージュの厳しい師匠の元で(誰とは言いませんが。。)修行されている方々です。
1mmのスキマやずれ、偏りにこだわります。
さすがです。パチパチパチパチ

またお茶箱作品ご紹介してまいります~。



参加してます。
励みになります。
よろしかったらポチしてね。


にほんブログ村

にほんブログ村
by akibedk9 | 2017-01-30 19:26 | 茶箱 | Comments(0)

ドレスや着物のお茶箱

12月のお茶箱レッスン作品です。
こちらのお茶箱、さあ一体何を使ったものでしょう。
b0242032_22552962.jpg

なんと生徒様の娘さんが小さい頃にバイオリンの発表会でお召しになられたシルクのドレスです!
しかもお母様の手作りドレスだそうです!すご~!!005.gif
b0242032_22571490.jpg

大切な思い出のシルクのドレスがこんな素敵なお茶箱になるなんて私も感無量です~。( ;∀;)

b0242032_2321358.jpg

なんて可愛い刺繍入りのふりふり~♪
あえて外レール部分は固定せずにこの素敵なフリル部分を生かすことにしました。
アクセントに付けたウレスのロープも可愛らしをより引き立ててピッタリです。
一緒にレッスンされた方と3人でここはあーしようか、こーしようか、キャー素敵~といいながら作ってとっても楽しかったです~。037.gif

b0242032_2382633.jpg

大きさは5kgの平箱なのでテーブルの上でも下でもどちらでもいけます。
シルクは生地厚もないし、繊細で粗も目立ちやすい生地なのですが、とてもきれいにまとめました。

本日のレッスンで娘さんの反応をおうかがいしたところ、
「すごく可愛い~!」と絶賛されたそうです。
まあ、皆さん、大体家族の反応はスルーされるか、適当にいなされるかなのですが、
もう大勝利ですね!! 058.gif (誰に勝つのじゃ、、?)

b0242032_23132578.jpg





こちらの作品も12月のレッスン作品です。
こちらはお着物を解いて作ったお茶箱です。
b0242032_23192719.jpg

こちらも5kgの平箱です。
レールの部分だけアトリエのダマスク柄の生地を裏返しにして使いましたが、そこがゴールドに見えてお着物の柄にピッタリです。。
b0242032_232138100.jpg


b0242032_23234232.jpg

b0242032_2341272.jpg

本当にお着物の刺繍って素敵ですよね~。
最近はいいお着物も古着屋さんで買えたり致します。
こちらのもほとんど袖を通されていないようなものでした。

こんな、思い出のお洋服やタンスの中でずっと眠っているものをたまに掘り返して使ってあげるのも本当にいいことだと思います。

手間はかかりますが、少人数でじっくりやれるアトリエだからこそできる事だと自負しております。
固定観念にこだわらずにいろんなアイディアを出し合って作るのも本当に楽しいものですね。


12月の作品またアップします。
1月レッスンスタートしております。
日程はこちらのブログのお知らせ欄をご覧くださいね。


参加してます。
励みになります。
よろしかったらポチしてね。


にほんブログ村

にほんブログ村
by akibedk9 | 2017-01-13 23:42 | 茶箱 | Comments(0)

昨年12月の作品紹介

056.gif1月レッスン可能日
17日(火)カルトナージュのみ残2席
19日(木)、20日(金)、24日(火)、26日(木)、27日(金)、31日(火)


 だいぶ過ぎてしまいましたが、明けましておめでとうございます!
昨年も生徒様に支えられ育てて頂きまして無事1年を終えることができました。
心より感謝申し上げます。
今年もみなさまの生活を彩る素敵な作品作りをお手伝いできますよう、研鑽を積み精進してまいりたいと思っております。
本年も Atelier鎌倉キツツキ をご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。m(__)m

え~、結局12月は一度もblogをアップすることが出来ず、怒涛のクリスマス正月休みへと突入してしまいました。??
皆様の作品をすこしずつご紹介していきたいと思います。

まずは11月から3回に分けて遠くから鎌倉まで通って下さった方々の作品です。
気合のお箱とでも申しましょうか。
とっておきの素敵な生地やタッセルをご持参で来られました。
大物3作品です。
なんて素敵な刺繍入りの生地でしょう。053.gif
b0242032_18551472.jpg

サイズは横は37cm高さは20cm近くあります。
ここまで大きいとお茶箱をお勧めしたのですが、皆様カルトナージュのかなりのご経験者ですのでやはりカルトナージュで作りたいとの事でした。
刺繍入りの上等の生地、大きさ、蓋のロココなウェーブどれをとっても大変なものなので、さんざん脅して大変さをお覚悟おし!ってことで作って頂きましたのよ~。(爆)
まあ初心者でしたらお断りしておりましたが、、。
b0242032_192513.jpg

「お覚悟」の甲斐あって時間はかかりましたがこんなゴージャスの素敵な箱が~016.gif
もうゴージャスついでにキラメク取っ手金具や脚も付けて頂きました。
b0242032_1944699.jpg

まあ、やはり少し厚手の刺繍入りの生地は中々手強く、最初は綺麗な刺繍ですね~とか言っていたのが最後はできもの腫れ物扱いでしたわ~(笑)
でもしっかり仕上がってよかった。043.gif

次はこちらの蓋付きのお箱。
こちらも素敵なワインレッドのお生地持ち込みでかなりの大物です。
b0242032_19184073.jpg

こちらは被せの蓋でやはりロココなウェーブ付きで蓋の四隅には可愛いタッセルがコロンコロンついております。
b0242032_1921586.jpg

柄合わせもしっかりされて頑張りました! 内貼りもぴったり~。
b0242032_192506.jpg

有名な先生のご本の表紙に載っているものを参考にされたようで憧れの箱だったのですね。
本当に楽しそうにうれしそうに作っておられてこちらもHappyを頂きました~。037.gif
おすまし撮影をする余裕がなくあちこちマスキングテープが付いたままですが、本当に素敵な作品でした。

最後はもう1年ほど前からご計画があったマガジンラックです。
b0242032_1932242.jpg

ご自宅で内貼りを貼って仕上げるそうですが、モリスの表装、内貼りやサイドとのバランス、めちゃめちゃかっこいいマガジンラックです!
(あっ、生徒様の羽生君のようなしなやかなおててが写りこんでおりますがすみません(^^;)
b0242032_19344056.jpg

取っ手や仕切りのところに使ったパープルの革がアクセントになって高級感があります。
もう皆様、ここまで来たら(どこまでじゃ?)もう一点の妥協なくこだわって作って欲しいですよね。
この方、1mmの誤差が生じさせる大変さを前職でよく理解しており、ストイックなまでにじっくり完璧におつくりになりました。
つくづく経験は裏切らないのだという事を実感。。

カルチャースクールなどに通っておられてカルトナージュ歴は長いけれど2時間やそこらで作れるものしか作るチャンスがないという方々が結構おられます。
でもディプロマを取るほどでもなくと、、。
ある程度やられてみたらこんなチャレンジもいいですね~。
サイズも皆さんのご希望をお聞きしています。
時間内に終わらせるという命題があるため2時間3時間ではなかなか作れないものをじっくり時間をかけておつくりになるのもいいかと思います。
慌てて焦って作るとそれなりのものしかできないと思いますので~。
チャレンジコースって作ろうかな037.gif

それにしてもカルトナージュ教室で知り合ったお仲間さん達、本当に楽しそうでほほえましいです。
ワイワイ楽しくおつくりになりました。
b0242032_1955533.jpg



さあ、今年もたくさん創作&職人いたしましょうね。


参加してます。
励みになります。
よろしかったらポチしてね。


にほんブログ村

にほんブログ村
by akibedk9 | 2017-01-06 20:03 | カルトナージュ | Comments(0)